コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山茶花 サザンカ

デジタル大辞泉の解説

さざん‐か〔‐クワ〕【茶花】

《「さんさか」の音変化》ツバキ科の常緑小高木。九州・四国の地に自生。葉は楕円形で両端がとがる。晩秋のころ白いをつけ、散るときは花びらがばらばらに落ちる。種子から油をとり、材で器物を作る。園芸・観賞用としても栽培され、赤花・八重咲きなどの品種がある。 冬》「―のここを書斎と定めたり/子規

さんざ‐か〔‐クワ〕【山茶花】

《「さんさか」とも》「さざんか(山茶花)」に同じ。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さざんか【山茶花】

〔字音「さんさか」の転か。「山茶」はツバキの漢名〕
ツバキ科の常緑小高木。暖地の山中に自生し、また庭木として栽植される。葉はツバキにくらべてやや小形で密につく。晩秋から冬にかけ、五弁花をつける。花は平開し、花弁は離生、ツバキと異なりばらばらに散る。果実は蒴果さくかで、種子から油をとり、頭髪用・食用にする。園芸品種が多い。 [季] 冬。

さんざか【山茶花】

〔「さんさか」とも〕
サザンカ。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山茶花 (サザンカ・サンサカ;サンザカ)

学名:Camellia sasanqua
植物。ツバキ科の常緑小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山茶花の関連キーワード猫と庄造と二人のをんな伴淳・森繁の糞尿譚女は二度生まれる井上 草加江とべない沈黙大橋 桜坡子八波 むと志新・夫婦善哉皆吉 爽雨森川 暁水田村 木国しみたれる安田 尚義野村 泊月珍品堂主人永田 耕衣木の間隠れ特殊林産物滝井 孝作室賀 国威

山茶花の関連情報