コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舎蕉門(読み)イナカショウモン

大辞林 第三版の解説

いなかしょうもん【田舎蕉門】

芭蕉没後、中興期俳諧復古革新運動の中で、地方に勢力を張った美濃派や伊勢派の俳諧流派を、都市系俳壇側より見下した蔑称。 → 獅子門伊勢派

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の田舎蕉門の言及

【伊勢派】より

荒木田守武(もりたけ)以来俳諧の盛んであった伊勢に,17世紀の末から18世紀の初めにかけて栄えた,涼菟(りようと),乙由(おつゆう)を中心とする蕉門の一派(伊勢蕉門)。乙由の別号から麦林(ばくりん)派,江戸蕉門に対して田舎蕉門,支考(しこう)一派を加えて支麦(しばく)の徒などとも呼ばれた。支考が伊勢に新庵を結び〈平談俗語〉を唱えたのが伊勢風の始まりで,門人の乙由,一有門の涼菟が加わり,全国に勢力を伸ばした。…

※「田舎蕉門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android