美濃派(読み)ミノハ

  • ▽美▽濃派

百科事典マイペディアの解説

俳諧流派。芭蕉門人の支考美濃国に本拠を置いて始めた流派で,〈獅子門〉とも称する。支考は行脚によって中京・北陸・中国地方に門人を獲得し,廬元坊里紅ら後継者がさらに勢力を拡大した。平俗な作風を特色とし,麦林舎乙由(おつゆう)らが起こした〈伊勢派〉とともに〈田舎蕉門〉〈支麦(しばく)の〉と蔑称されもした。道統宗匠が統率する組織形態は分裂・合同の歴史を経つつも今日まで継承されている。
→関連項目伊勢派蝶夢千代女天明俳諧也有

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代の俳諧流派。芭蕉門の各務(かがみ)支考一派の称。その称は,支考の生国とおもな勢力圏が美濃であったことによる。俗談平話を唱え,平俗な俳風をよしとしたので,俳諧を広く普及させたが,質的低下をもまねいた。岩田涼菟,麦林舎乙由の伊勢派と俳風が近似するところから,他派からは両派一括して田舎蕉門・支麦の徒と呼ばれた。道統は廬元坊,五竹坊と受け継がれたが,その後は再和派と以哉派に分裂した。【岡本 勝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俳諧(はいかい)流派。蕉門(しょうもん)俳人支考(しこう)が開いた俳諧の一派で、獅子(しし)門ともいう。芭蕉(ばしょう)晩年の門人であった支考は、郷里美濃を本拠とし、北は三越(越前(えちぜん)・越中(えっちゅう)・越後(えちご))地方から南は九州方面まで、広範囲にわたって自派の勢力を拡張し、乙由(おつゆう)の伊勢(いせ)派とともに地方俳壇を支配した。支考没後も、その道統は、廬元坊里紅(ろげんぼうりこう)、五竹坊琴左(ごちくぼうきんさ)に受け継がれ、その後1780年(安永9)に再和(さいわ)派、以哉(いさい)派の両派に分裂したが、両派とも芭蕉を1世、支考を2世と数えて、1958年(昭和33)の合流を経て、今日まで続いている。美濃派の俳風は、芭蕉晩年の「軽み」の風をさらに平俗にしたもので、軽い教訓性をも含んでいて、一般民衆に大いに迎えられるところであったが、後年、乙由の麦林(ばくりん)風(伊勢派)とあわせて支麦の徒、田舎(いなか)蕉門などとそしられるようにもなった。

[堀切 實]

『各務虎雄著『支考と美濃派の伝統』(『東海の俳諧史』所収・1969・泰文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 俳諧流派の一つ。松尾芭蕉の門人、各務支考(かがみしこう)が美濃国(岐阜県)に起こした蕉門の一流派。美濃国を中心として伊勢国(三重県)・尾張国(愛知県)・三河国(同)・遠江国(静岡県)・駿河国(同)から北越・出羽方面にまで広範囲に行なわれた。俗談・平話を旨とし、俳諧を広く大衆に浸透させ、幕末・明治に至るまで強い影響力を及ぼした。美濃流。獅子門。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の美濃派の言及

【支考】より

…美濃山県郡北野(現,岐阜市)に生まれ,幼時仏門(禅宗)に入るがのち還俗,1690年(元禄3)近江で芭蕉に入門した。俳論書《葛の松原》を上梓し,《続猿蓑》の編集に協力したが,芭蕉没後は追善の事業や,九州,中国をはじめ数次の北陸への行脚等を通して,俳壇形成や俳諧の理論的普及につとめ,美濃派の俳諧の確立に力を尽くした。1711年(正徳1)にはみずから終焉記を作って世間の評価をうかがい,その後は門人蓮二房,白狂等の名で著述し,自己の業績を称揚したりした。…

※「美濃派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android