甲状腺被曝(読み)コウジョウセンヒバク

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

甲状腺被曝

甲状腺はヨウ素を取り込む性質があるため、放射性ヨウ素が体内に入ると甲状腺に集まる。甲状腺に100ミリシーベルト以上浴びるとがんが増えるとされるが、チェルノブイリでは50ミリシーベルトの甲状腺被曝でもがんのリスクが上がるとの報告があった。

(2012-12-01 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲状腺被曝の関連情報