コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射性沃素 ホウシャセイヨウソ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせい‐ようそ〔ハウシヤセイエウソ〕【放射性沃素】

ヨウ素放射性同位体。ヨウ素129やヨウ素131など。核医学検査放射性トレーサーとして用いられる。原子力災害で大量の放射性ヨウ素が放出され、人間の体内に取り込まれた場合、甲状腺に蓄積し癌(がん)などの疾患を誘発するおそれがある。→安定沃素安定沃素剤

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

放射性沃素の関連キーワード消滅核種アンティオコス[7世]ゼノロジーALPSヒミコドラえもん厚木市アッタロス朝アンチオコス7世スキピオ・アエミリアヌス

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone