申達(読み)シンタツ

大辞林 第三版の解説

しんたつ【申達】

( 名 ) スル
通知すること。多く、上級の役所から下級の役所に対して文書で指令すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐たつ【申達】

〘名〙 通知すること。多く、上級役所から下級の役所へ文書で命令をくだすこと。
※歌舞伎・四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)五幕「万一婚儀をいなむ時は、足利家へ申(シンタツ)なし、義党の本意を空しくなさん」

もうし‐たっ・す まうし‥【申達】

〘他サ変〙
① 意見をお伝えする。上申する。
※太平記(14C後)一五「動(ややもすれ)ば戒壇の事を申達(タッ)せんとし」
② 上の者の意志、命令を下の者に言い送る。通達する。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「返答の儀は〈略〉蘭人カピタンを以て申達(マヲシタッ)せん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android