コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男の首

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男の首
おとこのくび
La Tte d'un Homme

フランス推理小説界を代表するG・シムノンの初期佳作の一つ。1931年作。『或(あ)る男の首』『モンパルナスの夜』などの邦題名もある。サンテ監獄の外に通じる扉が、なぜか開けっ放しになっていた。死刑囚第11号は誘われるようにそこから外へ……。実はメグレ警部がその死刑囚の無実を信じて、わざと脱獄させたものである。警部と部下との根気のよい尾行が始まる。そしてついに重要容疑者に突き当たるが、彼はメグレ警部を嘲笑(ちょうしょう)するように、大胆に立ちふるまう。警部と容疑者の息詰まる心理的対決が始まる。心理犯罪小説の名作であり、1932年にはデュビビエ監督によって映画化され、ヒットした。[梶 龍雄]
『宮崎嶺雄訳『男の首・黄色い犬』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

男の首の関連キーワードある死刑囚の首日本駄右衛門創元推理文庫うたい骸骨或る男の首

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男の首の関連情報