コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男の首

2件 の用語解説(男の首の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

男の首

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンミステリー(1931)。原題《〈仏〉La tête d'un homme》。「メグレ警部(警視)」シリーズ。『モンパルナスの夜』などの邦題もある。1933年ジュリアン・デュヴィヴィエ監督で映画化(邦題『モンパルナスの夜』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男の首
おとこのくび
La Tte d'un Homme

フランス推理小説界を代表するG・シムノンの初期佳作の一つ。1931年作。『或(あ)る男の首』『モンパルナスの夜』などの邦題名もある。サンテ監獄の外に通じる扉が、なぜか開けっ放しになっていた。死刑囚第11号は誘われるようにそこから外へ……。実はメグレ警部がその死刑囚の無実を信じて、わざと脱獄させたものである。警部と部下との根気のよい尾行が始まる。そしてついに重要容疑者に突き当たるが、彼はメグレ警部を嘲笑(ちょうしょう)するように、大胆に立ちふるまう。警部と容疑者の息詰まる心理的対決が始まる。心理犯罪小説の名作であり、1932年にはデュビビエ監督によって映画化され、ヒットした。[梶 龍雄]
『宮崎嶺雄訳『男の首・黄色い犬』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男の首の関連キーワードアルザスの宿可愛い悪魔黄色い犬証人たち娼婦の時自由酒場ちびの聖者ベティーベルの死リコ兄弟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

男の首の関連情報