嘲笑(読み)あざわらう

精選版 日本国語大辞典「嘲笑」の解説

あざ‐わら・う ‥わらふ【嘲笑】

[1] 〘自ワ五(ハ四)〙
① 声をたてて笑う。大笑いする。高笑いする。また、あきれ笑う。人もなげに笑うさまなどにいう。
※書紀(720)敏達一四年八月(前田本訓)「物部弓削守屋大連、听然而咲(アザワラヒ)て曰はく『中猟箭之雀(ししやおへるすすめ)の如し』といふ」
※大鏡(12C前)一「翁二人見かはしてあざわらふ」
② あざけって笑う。せせら笑う。軽蔑する気持をこめて笑うさまなどにいう。
※書紀(720)神代下(水戸本訓)「是の時に、天孫其の子等(みこたち)を見(みそなは)して、嘲(アザワラ)ひて曰(のたま)はく『妍哉(あなにえや)、吾が皇子(みこたち)は聞喜而生(ききよくもあれませ)るかな』とのたまふ」
※談義本・教訓続下手談義(1753)五「三歳の小児もしってゐると冷笑(アザワラッ)て嘲(あざける)であろ」
[2] 〘他ワ五(ハ四)〙 (「笑う」動作が抽象化して) 人や物などを、悪く言う。軽蔑する。
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「女郎かいけいせい買をあざ笑ひ」

あざけり‐わら・う ‥わらふ【嘲笑】

〘他ワ五(ハ四)〙 ばかにして笑う。あざわらう。
※大唐西域記巻十二平安中期点(950頃)「或は聞くこと有る者は、蚩(あサケリわラハ)ずと云ふこと莫し」
※百座法談(1110)六月二六日「孫居、これをあざけりわらひて、くちまねをせむために、くちをゆがめ、声をひがまして」

あざ‐わらい ‥わらひ【嘲笑】

〘名〙 軽蔑の気持をこめて笑うこと。せせら笑い。
※仮名草子・恨の介(1609‐17頃)上「面目なげに立ち去れば、下女もさすがに都人、あざわらひしてこそ立ちにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「嘲笑」の解説

ちょう‐しょう〔テウセウ〕【嘲笑】

[名](スル)あざけり笑うこと。あざわらうこと。「他人の失敗を嘲笑する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android