町田 曲江(読み)マチダ キョクコウ

20世紀日本人名事典「町田 曲江」の解説

町田 曲江
マチダ キョクコウ

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治12(1879)年3月3日

没年
昭和42(1967)年6月5日

出身地
長野県

本名
町田 春之助

経歴
京都で南画家内海吉堂に師事。明治40年上京、寺崎広業入門、白馬会研究所で油絵黒田清輝に学んだ。同年東京勧業博覧会で「仏陀の光」が1等金牌、また第1回文展「悲報に接したる仏徒の歩み」が3等賞受賞。43〜大正2年欧州留学、帰国後官展へ出品。戦後日本画院同人、信濃美術会会長を務めた。他に「三大門」「若き鹿孔雀」「哀愍」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android