コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺崎広業 てらさき こうぎょう

8件 の用語解説(寺崎広業の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

寺崎広業

日本画家。秋田県生。字は徳郷、別号に宗山・騰龍軒・天籟山人等。狩野派を小室秀俊に、四条派を平福穂庵に師事。のち南画家菅原白龍にも学び、諸派の画法を取り入れて、日本青年絵画協会・日本絵画協会等で活躍する。のち岡倉天心らと日本美術院を創立、また文展開設にあたって国画玉成会に参加、審査員として同席に出品を重ねる。東美校教授・日本美術協会会員・帝室技芸員。大正8年(1919)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てらさき‐こうぎょう〔‐クワウゲフ〕【寺崎広業】

[1866~1919]日本画家。秋田の生まれ。幼名、忠太郎。別号、天籟散人(てんらいさんじん)など。日本美術院の創設に参加。清新な山水画を多く描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寺崎広業【てらさきこうぎょう】

日本画家。秋田県生れ。幼名忠太郎。秀斎,宗山などと号したが,中年以後は広業と号した。初め小室秀俊に狩野派を学び,のち上京して平福穂庵に入門し四条派を学ぶほか,諸派の技法を研究,日本青年絵画協会,日本絵画協会などで活躍。
→関連項目正宗得三郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺崎広業 てらさき-こうぎょう

1866-1919 明治-大正時代の日本画家。
慶応2年2月25日生まれ。平福穂庵(ひらふく-すいあん),菅原白竜にまなぶ。明治30年東京美術学校助教授。31年岡倉天心らにしたがい,辞職して日本美術院の創設に参加したが,34年教授として復帰。大正6年帝室技芸員。大正8年2月21日死去。54歳。出羽(でわ)秋田出身。本名は広業(ひろなり)。別号に天籟散人,騰竜軒。代表作に「秋苑」「大仏開眼」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

寺崎広業

没年:大正8.2.21(1919)
生年:慶応2.2.25(1866.4.10)
明治大正期の日本画家。羽後国秋田生まれ。幼名忠太郎のち広業。祖父は秋田藩の家老という家柄だったが,明治維新後父の事業失敗により苦学を強いられた。明治21(1888)年上京して平福穂庵に四条派を学ぶ。日本青年絵画協会で活躍し,岡倉天心に認められて30年東京美術学校(東京芸大)助教授となる。翌31年東京美術学校騒動により同校を辞職,日本美術院設立に参加するが,34年教授として復職し,40年の文展開設後は官展の代表的作家として重きをなした。作品は,明治期の歴史画から次第に風景画に移り,南画風を加えた画風に移行した。大正6(1917)年帝室技芸員となっている。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てらさきこうぎょう【寺崎広業】

1866~1919) 日本画家。秋田生まれ。東京美術学校教授。狩野派、のち四条風・大和絵風を学び、南画に新風を吹き込む。作「渓四題」「瀟湘八景」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺崎広業
てらさきこうぎょう

[生]慶応2 (1866).2.25. 秋田
[没]1919.2.21. 東京
日本画家。秋田藩家老の家に生まれる。幼名は忠太郎,字は徳郷。秀斎,宗山などと号し,中年以降はもっぱら広業を用いた。狩野派を学び 1888年上京して平福穂庵に師事。挿絵を描きながら苦学を重ね,倪雲林(げいうんりん),王蒙に私淑して独自の平明な作風を築き,明治期の南画の開拓に尽くした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺崎広業
てらさきこうぎょう
(1866―1919)

日本画家。秋田生まれ。幼名忠太郎。小室秀俊(こむろひでとし)、平福穂庵(ひらふくすいあん)に学び、のちに上京。『絵画叢誌(そうし)』に古画の縮図や口絵を描き、山田敬中(けいちゅう)、邨田丹陵(むらたたんりょう)らと研究会をもちながら苦学。1897年(明治30)東京美術学校助教授となるが、翌年の美術学校騒動で岡倉天心らとともに辞職し、日本美術院の創設に参加。1901年(明治34)には、美術院正員のまま美術学校に復職し、教授となった。07年の第1回文展から第7回展まで審査員を務め、17年(大正6)帝室技芸員となった。代表作は『秋苑(しゅうえん)』『大仏開眼』『高山清秋』など。門下に野田九浦(きゅうほ)、中村岳陵(がくりょう)、町田曲江(きょくこう)らがある。[二階堂充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺崎広業の関連キーワード松本楓湖森白甫岡田蘇水尾形月耕渡辺省亭前川孝嶺羽後国岡村葵園高橋万年千種掃雲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone