界磁巻線(読み)かいじまきせん(英語表記)field magnet coil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

界磁巻線
かいじまきせん
field magnet coil

発電機などに用いられる電磁石 (界磁石とも呼ばれる) において励磁電流を流す巻線。通常,励磁電流の電源としては発電機自体の発生電力を利用する自励方式が用いられ,界磁巻線が発電機のコイルと並列に連なる分巻き,直列に連なる直巻き,両者を併用した複巻きなどの巻き方がある。直流電動機では,界磁巻線の電流を変えることにより回転速度を制御することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の界磁巻線の言及

【電動機】より

…多数のコイルが接続されたものを巻線といい,その両端を端子という。界磁の場合は,界磁鉄心に巻きつけられた銅線の全体を界磁コイルといい,二つ以上の界磁コイルを接続したものを界磁巻線という。回転子の巻線を外部回路に接続する必要のある電動機では,整流子,またはスリップリングを回転子に設け,その表面にブラシを押しつけてすり接触をさせる。…

※「界磁巻線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android