異世界(読み)いせかい

精選版 日本国語大辞典の解説

こと‐せかい【異世界】

〘名〙 別の世界。異国。他国。異郷
※浜松中納言(11C中)三「ことせかいの人になりて、わかれてのち、この思ひかなふべうもあらねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の異世界の言及

【異次元】より

…文学的空想における異世界alternate (other) worldと数学の次元概念dimensionとを合成した造語で,正しくは高次元的に存在可能な別世界とでもいうべきもの。近代SF文学のテーマとして盛んにとり上げられて以来,広く一般の関心を呼ぶようにもなった。…

※「異世界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異世界の関連情報