異国(読み)ことくに

精選版 日本国語大辞典「異国」の解説

こと‐くに【異国】

〘名〙
① 他国。よその国。よその土地。異郷。
※大和(947‐957頃)一四七「おなじくにの男をこそ、おなじ所にはせめ。ことくにの人の、いかでかこの国の土をばをかすべき」
② 外国。外(と)つ国。異邦。
※源氏(1001‐14頃)常夏「広くことくにの事を知らぬ女のためとなむ思ゆる」

い‐こく【異国】

〘名〙 よそのくに。外国。とつくに。
※玉葉‐承安二年(1172)九月一七日「異国定有言歟、可耻可耻」
※平家(13C前)五「きさき神功皇后〈略〉異国のいくさをしづめさせ給ひて後」 〔李陵‐答蘇武書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異国」の解説

い‐こく【異国】

外国。異邦。とつくに。「異国の土となる」

こと‐くに【異国】

ほかの国。別の国。他国。異郷。
「おのが国にはあらで、―に田を作りけるが」〈宇治拾遺・四〉
外国。とつくに。
「広く―の事を知らぬ女のためとなむ覚ゆる」〈常夏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の異国の言及

【異域・異国】より

…日本の近世国家が取り結んでいる国際関係を広くとらえた言葉。異国は,その中枢に国王と国家機構を持つ国家同士が他を言う場合に用いる。異国の関係は,東アジアでは国王(国家)が上下の華夷関係に置かれるが,相互に内政には干渉しないことを前提とする。…

※「異国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android