異域の鬼となる(読み)いいきのおにとなる

精選版 日本国語大辞典「異域の鬼となる」の解説

いいき【異域】 の 鬼(おに)となる

外国で死ぬ。
武蔵野(1887)〈山田美妙〉上「矢玉の雨に砕かれて異域となってしまった口惜しさはどれ程だらうか」 〔李陵‐答蘇武書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android