コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異常聴域(読み)イジョウチョウイキ

大辞林 第三版の解説

いじょうちょういき【異常聴域】

火山噴火の爆発音などの大出力の音が伝播するとき、音の異常伝播によって、距離が遠く聴こえなくなった地域(無声域)の外側に再び現れる可聴域。上層大気の温度分布や風速分布などによって起こる現象。外聴域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の異常聴域の言及

【異常伝搬】より

…音は音源から遠く離れるに従って,その強さが衰えついに聞こえなくなってしまうのが普通である。しかし火薬の大量爆発や火山の噴火の大爆音のような場合には,音源から数十kmで音はいったん弱まって聞こえなくなるが(無声域),200km前後の所で再び聞こえるようになり(異常聴域あるいは外聴域),無声域と異常聴域が3段にも4段にも繰り返す場合がある。 大気中を音が伝わる速さは,伝搬する場所の大気の温度と,媒質としての大気の風向,風速に関係する。…

※「異常聴域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android