コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気温逆転層 きおんぎゃくてんそう temperature inversion layer

1件 の用語解説(気温逆転層の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きおんぎゃくてんそう【気温逆転層 temperature inversion layer】

気温の鉛直分布を見ると一般には上空ほど低く逓減を示すが,暖かい空気が冷たい空気の上に重なるときは気温逆転が生ずる。気温が逆転している大気層を気温逆転層という。前線面や成層圏では気温逆転となっている。また地面近くでは,晴天日の夜間に起こる放射冷却によって地面に近いほど気温が下がり気温逆転層が生ずる。これを接地逆転層といい,日没後に始まり早朝に最も顕著となり,日の出後,乱れが増すとともに弱まり,数時間して解消するのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気温逆転層の関連キーワード鉛直線垂直分布大蛇を見るとも女を見るな泣きを見る見れば見るほど目を見るレイリー分布エマグラムバシサーモグラフXBT

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone