コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異業種間交流 いぎょうしゅかんこうりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異業種間交流
いぎょうしゅかんこうりゅう

異業種の企業代表者が集って,人的な交流や情報の交換を行なうための制度。複数の企業あるいはビジネスマンが集って自発的に行なうこともあれば,政府機関あるいは地方公共団体商工会議所などが主催して組織されることもある。 (1) ある企業が持っているニーズと他の企業が持っているシーズを結び付けて新事業を創造すること,(2) 企業間の共同開発によって新事業をつくること,(3) 異分野の情報をもとに新しい発想を生み出すこと,(4) 参加者である経営者管理者の視野を広げること,などを目的としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android