畳職(読み)たたみしょく

精選版 日本国語大辞典「畳職」の解説

たたみ‐しょく【畳職】

〘名〙 をつくる職人畳刺
※長春五馬路(1968)〈木山捷平〉二「正介はもと畳だった深安喜八から借りたを大工道具にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android