コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木山捷平 キヤマショウヘイ

デジタル大辞泉の解説

きやま‐しょうへい〔‐セフヘイ〕【木山捷平】

[1904~1968]小説家詩人。岡山の生まれ。詩人として出発したのち、昭和8年(1933)、太宰治らと「海豹(かいひょう)」を創刊。庶民性に徹した私小説で知られる。「大陸の細道」で芸術選奨。他に「抑制の日」「耳学問」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木山捷平 きやま-しょうへい

1904-1968 昭和時代の詩人,小説家。
明治37年3月26日生まれ。昭和4年詩集「野」を出版。8年同人誌「海豹(かいひょう)」を太宰治(だざい-おさむ)らと創刊。飄逸(ひょういつ)な作風の私小説で知られ,38年満州(中国東北部)での戦時体験をえがいた長編小説「大陸の細道」で芸術選奨をうけた。昭和43年8月23日死去。64歳。岡山県出身。東洋大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きやましょうへい【木山捷平】

1904~1968) 小説家。岡山県生まれ。平凡な庶民生活の哀歓をユーモラスに描いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木山捷平
きやましょうへい
(1904―1968)

小説家。岡山県生まれ。東洋大学中退。詩人として出発、『野』(1929)、『メクラとチンバ』(1931)の2詩集があり、のちに『木山捷平詩集』(1967)も編まれた。1933年(昭和8)同人誌『海豹(かいひょう)』に加わり、小説を書き始める。作品集『抑制の日』(1939)、『河骨(こうほね)』(1941)などにより、その飄々(ひょうひょう)とした作味が評価された。旧満州(中国東北)で敗戦を迎え、当時の体験を生かした作に、長編『大陸の細道』(1962)、『長春五馬路(ウーマロ)』(1968)がある。晩年の作品集『去年今年』(1968)、『斜里の白雪』(1968)などからも、その庶民性に徹した独自の境地が読み取れる。[保昌正夫]
『『木山捷平全集』全8巻(1978~79・講談社) ▽木山みさを編『感愛集――木山捷平追悼録』(1970・永田書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木山捷平の関連キーワード木山 捷平昭和時代佐伯一麦岡松和夫峠の棲家目取真俊岩阪恵子魂込め柳美里受取哀歓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木山捷平の関連情報