コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木山捷平 キヤマショウヘイ

4件 の用語解説(木山捷平の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きやま‐しょうへい〔‐セフヘイ〕【木山捷平】

[1904~1968]小説家・詩人。岡山の生まれ。詩人として出発したのち、昭和8年(1933)、太宰治らと「海豹(かいひょう)」を創刊。庶民性に徹した私小説で知られる。「大陸の細道」で芸術選奨。他に「抑制の日」「耳学問」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木山捷平 きやま-しょうへい

1904-1968 昭和時代の詩人,小説家。
明治37年3月26日生まれ。昭和4年詩集「野」を出版。8年同人誌「海豹(かいひょう)」を太宰治(だざい-おさむ)らと創刊。飄逸(ひょういつ)な作風の私小説で知られ,38年満州(中国東北部)での戦時体験をえがいた長編小説「大陸の細道」で芸術選奨をうけた。昭和43年8月23日死去。64歳。岡山県出身。東洋大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きやましょうへい【木山捷平】

1904~1968) 小説家。岡山県生まれ。平凡な庶民生活の哀歓をユーモラスに描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木山捷平
きやましょうへい
(1904―1968)

小説家。岡山県生まれ。東洋大学中退。詩人として出発、『野』(1929)、『メクラとチンバ』(1931)の2詩集があり、のちに『木山捷平詩集』(1967)も編まれた。1933年(昭和8)同人誌『海豹(かいひょう)』に加わり、小説を書き始める。作品集『抑制の日』(1939)、『河骨(こうほね)』(1941)などにより、その飄々(ひょうひょう)とした作味が評価された。旧満州(中国東北)で敗戦を迎え、当時の体験を生かした作に、長編『大陸の細道』(1962)、『長春五馬路(ウーマロ)』(1968)がある。晩年の作品集『去年今年』(1968)、『斜里の白雪』(1968)などからも、その庶民性に徹した独自の境地が読み取れる。[保昌正夫]
『『木山捷平全集』全8巻(1978~79・講談社) ▽木山みさを編『感愛集――木山捷平追悼録』(1970・永田書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木山捷平の関連キーワード富士正晴北の詩人菊岡久利木村好子近藤東城左門滝口武士野沢純森三千代森山啓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木山捷平の関連情報