コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瘤取り爺 こぶとりじじい

2件 の用語解説(瘤取り爺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瘤取り爺 こぶとりじじい

昔話の主人公
ほおに瘤をもつ。山中で鬼の酒盛りにまぎれこんで得意の踊りを披露,「明日もこい」と鬼によろこばれ,質草がわりに瘤をもぎとられる。やはり瘤をもつ隣の爺がうらやみ,まねをするが,下手な踊りで鬼をおこらせ,質草をかえされて瘤は二つになる。「宇治拾遺物語」などにも採話されている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こぶとりじじい【瘤取り爺】

昔話の一。頰にこぶのある爺が洞穴で雨宿りをして鬼の酒宴に出合う。鬼と一緒に踊り、喜んだ鬼に明日も来るようにとこぶをとられる。次の日にやはりこぶのある隣の爺がまねをして失敗し、こぶを二つにされて帰る話。ものうらやみを主題とした話で、「宇治拾遺物語」にも収録されている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone