癇癪に障る(読み)かんしゃくにさわる

精選版 日本国語大辞典の解説

かんしゃく【癇癪】 に 障(さわ)

立腹しやすい性質が刺激される。かんしゃくを起こさせる原因となる。
※洒落本・傾城買二筋道(1798)冬の床「うってかわってこふつぶとい仕打をされては、もふかんしゃくにさわる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android