コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発熱外来 ハツネツガイライ

2件 の用語解説(発熱外来の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はつねつ‐がいらい〔‐グワイライ〕【発熱外来】

発熱を訴える患者を他の患者から隔離した場所で診察するシステム新型インフルエンザの感染拡大を防ぐ目的で基幹的医療機関に設置された。平成21年(2009)6月、患者数の増加に対応するため、厚生労働省は、原則として全ての一般医療機関で診療を行う指針を発表。これを受けて発熱外来は廃止された。保健所等に設置された新型インフルエンザ相談センター(「発熱相談センター」から改称)で、適切な医療機関の紹介などの情報提供を行っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

発熱外来

新型インフルエンザ感染が疑われる人を診察し、感染の有無を判断する専門の外来。県内では16カ所に設置されているが医療機関名は公表されていない。

(2009-05-28 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発熱外来の関連キーワード外来患者隔離病舎患者強制隔離愁訴診察自家移植肝炎患者をめぐる動きC型肝炎の患者・感染者回復室

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発熱外来の関連情報