コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井浩司 しらい こうじ

1件 の用語解説(白井浩司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井浩司 しらい-こうじ

1917-2004 昭和-平成時代のフランス文学者。
大正6年10月19日生まれ。昭和35年慶大教授,58年京都外大教授。戦後いちはやくサルトルの小説「嘔吐」を翻訳し,実存主義ブームの先駆けとなった。52年「アルベールカミュ その光と影」で読売文学賞。平成16年11月1日死去。87歳。東京出身。慶大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白井浩司の関連キーワードICタグTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命TORICO井上由美子ミサイルマン尿素SCRシステム(FLENDS)みまもりくんオンラインサービス国民保護法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone