コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井浩司 しらい こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井浩司 しらい-こうじ

1917-2004 昭和-平成時代のフランス文学者。
大正6年10月19日生まれ。昭和35年慶大教授,58年京都外大教授。戦後いちはやくサルトルの小説「嘔吐」を翻訳し,実存主義ブームの先駆けとなった。52年「アルベール・カミュ その光と影」で読売文学賞。平成16年11月1日死去。87歳。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白井浩司の関連キーワード嫉妬(ロブ・グリエの小説)嘔吐(サルトルの小説)ソチ(阿呆劇)ロブ・グリエ実存主義文学一色 次郎世紀末思潮パンゴー純粋小説サロートジュネレシ