白川 渥(読み)シラカワ アツシ

20世紀日本人名事典「白川 渥」の解説

白川 渥
シラカワ アツシ

昭和期の小説家 元・神戸市教育委員長;明石短大名誉教授。



生年
明治40(1907)年7月27日

没年
昭和61(1986)年2月9日

出生地
愛媛県新居浜市

本名
白川 正美(シラカワ マサミ)

学歴〔年〕
東京高師国漢科〔昭和16年〕卒

経歴
東京高師在学中から横光利一師事。卒業後、鳥取、兵庫師範などで教べんをとるかたわら作家活動を続け、昭和15年、小説「」が芥川賞候補に。21年4月教育界から引退、「女の三章」「風来先生」などの作品を発表。そのほか「女人の館」「落雷」など。重厚、清潔な倫理感に根ざした作風で注目された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白川 渥」の解説

白川 渥 (しらかわ あつし)

生年月日:1907年7月27日
昭和時代の小説家。神戸市教育委員長;明石短期大学教授
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android