白帯揚羽蝶(読み)しろおびあげは

精選版 日本国語大辞典の解説

しろおび‐あげは【白帯揚羽蝶】

〘名〙 アゲハチョウ科のチョウ。はねの開張一〇センチメートル内外。全体が黒色で、後ばね中央から前ばねの外縁にかけて黄白色の帯紋がある。年に数回連続的に発生し、地面の近くを低く飛ぶ。幼虫はミカン類を食べる。奄美諸島以南の熱帯域にふつうに見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる