コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白橡 シラツルバミ

デジタル大辞泉の解説

しら‐つるばみ【白×橡】

白っぽい、つるばみ色。鈍色(にびいろ)の薄いもの。青白橡赤白橡の2種がある。しろつるばみ。

しろ‐つるばみ【白×橡】

しらつるばみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらつるばみ【白橡】

染め色の名。明るい橡つるばみ色。青白橡と赤白橡がある。 「青き-の綾の袍うえのきぬ/宇津保 吹上・上」 「赤き-に葡萄染の下襲を着るべし/源氏 若菜下」 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白橡の関連キーワード浦上弥五衛門青色の袍刈安色草とん葡萄染黄橡青色黒橡束帯赤色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android