コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤白橡 あかしろつるばみ

3件 の用語解説(赤白橡の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

あかしろつるばみ【赤白橡】

色名の一つ。やや灰色にくすみ、みがかった白茶しらちゃ色。「橡」はブナ科クヌギの古名で、その実のドングリは濃い灰色の染色に用いられるが、赤白橡はドングリを使った染物の色ではない。ハゼノキの下染めの上に、あかねを薄くかけた淡褐色の染め色の名前。青白橡あおしろつるばみと同様、「灰色がかった」色であるため橡という用語を用いたとする説がある。古くは上皇の着用する高貴な色であり、禁色きんじきとされる時代があった。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐しろつるばみ【赤白×橡】

古代・中世の染め色の名。茜(あかね)櫨(はじ)とで染めた、赤に黄みが加わった色。禁色(きんじき)の一。赤色(あかいろ)。
襲(かさね)の色目の名。表が蘇芳(すおう)で裏が縹(はなだ)のもの。あかいろ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかしらつるばみ【赤白橡】

赤色あかいろ 」に同じ。
赤色あかいろ 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone