コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青白橡 あおしろつるばみ

色名がわかる辞典の解説

あおしろつるばみ【青白橡】

色名の一つ。この場合のを意味し、やや灰色がかった緑色のこと。「橡」はブナ科クヌギの古名で、その実のドングリは濃い灰色の染色に用いられるが、青白橡はドングリを使った染物の色ではない。黄色を出す刈安かりやす紫根しこんによる染色。黄とという補色に近い色どうしの珍しい組み合わせである。「灰色がかった」色なので、橡という用語を用いたとする説、ほかにドングリが熟す前の薄い緑色をさすとの説などがある。天皇が平常時に着るほうの色で、禁色きんじきとされる時代があった。別名として麹のカビのような色なので麹塵きくじんヤマバトの背のような色なので山鳩色ともいう。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおしらつるばみ【青白橡】

染め色の名。灰色がかった黄緑。麴塵きくじんより明るい色。
かさねの色目の名。表は青、裏は黄。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

青白橡の関連キーワード浦上弥五衛門青色の袍刈安色赤白橡装束黄緑色目黄橡染色白橡黒橡束帯