コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白玉の シラタマノ

デジタル大辞泉の解説

しらたま‐の【白玉の】

[枕]白玉を貫く緒(を)の意から、「を」を含む地名「緒絶えの橋」「姨捨山(をばすてやま)」などにかかる。
「―緒絶えの橋の名もつらし」〈続後撰・恋四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらたまの【白玉の】

( 連語 )
美しいもの、白いものの隠喩的表現。白玉のような。真珠のような。 「 -人のその名をなかなかに言を下延へ/万葉集 1792
( 枕詞 )
白玉は緒に通すところから「を」にかかる。 「逢ふ事の片糸なれば-をやまぬ春のながめをぞする/古今六帖 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白玉のの関連キーワードフランティシェク フルビーン黒手組曲輪達引パワーコードねこのたまご植松 寿樹ビリヤードフルビーン乱る・紊る尊い・貴い遣す・致す植松寿樹中国菓子若山牧水貫き乱る七重宝樹抜き乱る間無し姨捨山玉造部玉の井

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白玉のの関連情報