コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白玉 しらたま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白玉
しらたま

粉でつくった団子。水を加て練り,丸めて蒸すか,ゆでたものを冷やしてつくる。砂糖,きな粉,あんをまぶして供したり,汁粉,みつ豆,あんみつかき氷に入れたりする。汁物に入れることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐たま【白玉】

白色の玉。特に真珠をいう。
白玉粉を水でこね、小さく丸めてゆでた白い団子。冷やして砂糖をかけたり、冷たい砂糖水に入れたりして食べる。 夏》「―にとけのこりたる砂糖かな/虚子
白玉椿(しらたまつばき)」の略。

はく‐ぎょく【白玉】

白色の玉。しらたま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらたま【白玉】

白色の美しい玉。古くは真珠のことをいった。 「 -は人に知らえず/万葉集 1018
白玉粉で作った団子。汁粉に入れたり、冷たい砂糖水に入れたりして食べる。 [季] 夏。 《 -にとけのこりたる砂糖かな /虚子 》
「白玉椿つばき」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白玉 (シラタマ)

動物。ザクロガイ科の貝

白玉 (シラタマ)

植物。椿の品種。シラタマツバキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の白玉の言及

【白玉粉】より

…現在では熱風乾燥によって一年中生産されている。水でこねて一口大にまるめ,熱湯でゆでたのが白玉だんご(略して白玉とも)で,汁粉に入れるなどして食べる。江戸の町で夏になると〈ひゃっこい,ひゃっこい〉と呼んで歩いた水売りは,冷たい水にこのだんごと砂糖を入れたものであった。…

※「白玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

白玉の関連キーワード真岡白玉団子事故真岡白玉汁事故ねこのたまごしまばらん植松 寿樹白璧の微瑕琴桜傑将白玉団子寒ざらし田中東峰抜き乱る狩野典信七重宝樹越山もち間無し下延ふむがし帰るさ徳化窯海の底

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白玉の関連情報