白眉可汗(読み)はくびかがん(英語表記)Bai-mei Ke-han; Pai-mei K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白眉可汗
はくびかがん
Bai-mei Ke-han; Pai-mei K`o-han

[生]?
[没]745
突厥最後のカガン (在位 744~745) 。ウズミシュ・カガン (烏蘇米施可汗) の弟。兄はもと突厥のシャドで,743年にカガンとなったが,突厥の衆が付せず,まもなくバスミル (抜悉密) に破られた。白眉はこれを継いで 744年に即位したが,突厥内部の混乱を押えることができないまま,翌 745年ウイグルのクトルク・ボイラ (骨力裴羅) に殺され,突厥はここに完全に滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android