コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白眉 ハクビ

デジタル大辞泉の解説

はく‐び【白眉】

白いまゆ毛。
《蜀(しょく)の馬氏の五人兄弟はみな秀才であったが、まゆに白毛のある馬良が最もすぐれていたという、「蜀志」馬良伝の故事から》多数あるもののうち、最もすぐれているものや人のたとえ。「印象派絵画の白眉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくび【白眉】

白いまゆげ。
〔「三国志蜀書馬良伝」による。蜀の馬良が、五人の兄弟の中で最も優秀で、その眉に白毛があったことから〕 兄弟中で最も優れている者。また、衆人の中で最も傑出した者、同類中で特に優れているもの。 「歴史小説の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白眉
はくび

兄弟でもっとも優れた者をいい、転じて、衆にぬきんでて優れた人や物をいう。「白い(まゆ)」の意。中国、三国時代の蜀(しょく)の馬氏には5人の兄弟がいた。兄弟みな字(あざな)に「常」の字があったため「馬氏の五常」といわれ、いずれも才名高かったが、なかでも眉に白毛のある長兄の馬良(字、季常)が、もっとも優れていたと伝える『蜀志』の「馬良伝」の故事による。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白眉の関連キーワードフランチシェク スタロヴィエイスキクトルク・ボイラ(骨力裴羅)馬良(中国、三国蜀の武将)コンソラート・デル・マーレユリー トゥィニャーノフ若きウェルターの悩みユースフ・イドリーストレチヤコフ美術館こんてむつすむんぢボイエルデューイブン・ハズムエチオピア物語ボーマノアール紀伊続風土記デファン夫人富嶽三十六景ラブレーストンプソン『方丈記』明夷待訪録

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白眉の関連情報