白石 葭江(読み)シライシ ヨシエ

20世紀日本人名事典「白石 葭江」の解説

白石 葭江
シライシ ヨシエ

明治期の海軍少佐



生年
明治6年12月20日(1873年)

没年
明治37(1904)年

出生地
東京

学歴〔年〕
海軍兵学校卒

経歴
海軍兵学校を卒業後、日清戦争に従軍し、威海衛襲撃作戦で活躍。次いで北清事変では軍艦笠置」の陸戦隊を率いて大沽砲台を攻略するなど、数々の戦功を立てた。しかし、熱血漢であるために誤って部下を殴殺し、重禁固2年のに処されたこともある。明治37年日露戦争に際し、海軍少佐として旅順閉港作戦に参加。その第三次作戦で戦死したと伝えられたが、実際は捕虜となったのち、同年の獄中で病死したという。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android