コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白粒岩状斑糲岩 はくりゅうがんじょうはんれいがんgranulitic gabbro

岩石学辞典の解説

白粒岩状斑糲岩

(1) 白粒岩状組織を持った細粒の斑糲(はんれい)岩[Geikie & Teall : 1894].(2) 石英,長石石榴石,白粒岩の破片からなる角礫岩状の岩石[Nordenskjöld : 1895].(3) 斑糲岩の中に取り囲まれた,熱変成作用を受けて再結晶した塩基性火成岩で,等粒の輝石と斜長石で構成された岩石[Richey & Thomas : 1930].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android