コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白腐病 しろぐされびょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白腐病
しろぐされびょう

ブドウの病気で、6月中ごろから収穫期まで、おもに果実に発病する。初め淡褐色の周辺の不明瞭(ふめいりょう)な病斑(びょうはん)ができ、のちに表面に灰白色の小粒点ができて果実は腐敗する。コニエラ・フラガリエConiella fragariaeおよびコニエラ・カスタネイコラC. castaneicolaというカビの寄生によっておこる。このほかダイコン、ハクサイ、ヒヤシンスなどにも、白腐病といわれ軟化腐敗する病気があるが、これは軟腐(なんぷ)病細菌によっておこり、現在は軟腐病と称されている。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白腐病の言及

【ノリ(海苔)】より


[病害]
 ノリ養殖においては種々の病害が発生して,収穫の減少や品質の低下を起こす。代表的なものは赤腐病,どた腐病,白腐病などである。赤腐れは降雨で塩分が低下したり,比較的高水温が続いたときに起こりやすい。…

※「白腐病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android