コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白菊丸 しらぎくまる

1件 の用語解説(白菊丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白菊丸 しらぎくまる

鎌倉時代の伝承上の人物。
相模(さがみ)(神奈川県)江の島神社の小姓。悪者にだまされて「白菊に忍ぶの里の人問はば思ひ入江の島と答へよ」の歌をのこして入水(じゅすい),これをしたう新田氏の侍女も後を追ったという。一説に鎌倉桐承院の稚児(ちご)で,建長寺の僧自休(じきゅう)に思いをよせられ,ともに自殺したとされる。投身したといわれる場所は江の島南西岸にあり,稚児ケ淵と名づけられている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

白菊丸の関連キーワード相模川相模湖相模灘相模女相模太郎相模入道味稲助綱播磨稲日大郎姫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone