コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白菊丸 しらぎくまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白菊丸 しらぎくまる

鎌倉時代の伝承上の人物。
相模(さがみ)(神奈川県)江の島神社の小姓。悪者にだまされて「白菊に忍ぶの里の人問はば思ひ入江の島と答へよ」の歌をのこして入水(じゅすい),これをしたう新田氏の侍女も後を追ったという。一説に鎌倉桐承院の稚児(ちご)で,建長寺の僧自休(じきゅう)に思いをよせられ,ともに自殺したとされる。投身したといわれる場所は江の島南西岸にあり,稚児ケ淵と名づけられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白菊丸の関連キーワード桜姫東文章万善香織鎌倉時代相模

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android