白血球機能異常症(読み)はっけっきゅうきのういじょうしょう(英語表記)Disorders of Leukocyte Functions

家庭医学館の解説

はっけっきゅうきのういじょうしょう【白血球機能異常症 Disorders of Leukocyte Functions】

[どんな病気か]
 白血球には、単球(たんきゅう)、リンパ球、顆粒球(かりゅうきゅう)(好中球(こうちゅうきゅう)、好酸球(こうさんきゅう)、好塩基球(こうえんききゅう))などがあります。このなかで、感染防御のはたらきをする顆粒球に機能の異常があると感染症にかかりやすくなります。白血球機能異常症には、慢性肉芽腫症(まんせいにくげしゅしょう)、チェジアック・東症候群(ひがししょうこうぐん)などがあります。
 慢性肉芽腫症は、伴性劣性遺伝(ばんせいれっせいいでん)し、皮膚の化膿性病変(かのうせいびょうへん)、リンパ節の腫(は)れ、肝臓・肺・骨に色素の沈着した肉芽腫ができる病気です。
 チェジアック・東症候群は、常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)する病気で、化膿性病変、リンパ網内系(もうないけい)の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)を合併しやすいのが特徴です。
 いずれもまれな病気で、好中球減少症と同様に治療します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android