白見山和田川峡県立自然公園(読み)しらみさんわだがわきょうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白見山和田川峡県立自然公園
しらみさんわだがわきょうけんりつしぜんこうえん

和歌山県南東部,新宮市東部の白見山周辺と和田川峡からなる自然公園。面積 9.01km2。2009年指定。白見山の西側にはウラジロガシ,モミツガなどの自然林が広がり,周辺には優れた渓流景観を有する田長谷渓谷(たなごだにけいこく)や,落差 90mの鼻白滝がある。さらに西方の赤木川上流部には,切り立った崖地形を特徴とする和田川峡があり,崖地には県南部のみに分布するクルマギクやキイジョウロウホトトギスなどの貴重な植物が生育している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android