白谷雲水峡(読み)シラタニウンスイキョウ

デジタル大辞泉の解説

しらたにうんすい‐きょう〔‐ケフ〕【白谷雲水峡】

鹿児島県、屋久(やく)島北東部にある渓谷。宮之浦川の支流、白谷川上流の標高600~700メートル付近に位置する。推定樹齢3000年の弥生(やよい)杉をはじめとする屋久杉や、花崗(かこう)岩の間を流れ落ちる滝などが見られる景勝地。面積4.24平方キロメートルの自然休養林がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白谷雲水峡の関連情報