コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然休養林 シゼンキュウヨウリン

3件 の用語解説(自然休養林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぜんきゅうよう‐りん〔シゼンキウヤウ‐〕【自然休養林】

森林のレクリエーション機能を発揮させるために設けられた施設。林野庁が国有林の多目的利用のためにつくった。昭和43年(1968)発足。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しぜんきゅうようりん【自然休養林】

林野庁が1968年(昭和43)以来国民の保健休養のために指定、開放している国有林。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然休養林
しぜんきゅうようりん

林野庁が国有林野の多目的利用の観点から、1968年(昭和43)に発足させた、森林のレクリエーション機能を発揮させるための施設である。2002年(平成14)現在、全国91か所が指定されている。これら自然休養林の面積は、おのおの約500ヘクタールにわたり、地域内には車道、歩道、駐車場が完備している。宿泊施設としてはホテル、旅館、ロッジ山小屋、避難小屋があるほか、キャンプ場スキー場、園地、運動場、釣り場、展望台などの休養施設、植物園、林間学校などの教養施設、鳥獣保護施設もある。自然休養林内では森林保護の立場から、指定地以外でのたき火や炊さん、野営、植物や土石の採取は厳しく禁じられている。[沢 史生]
『国土交通省編『観光白書』各年版(財務省印刷局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然休養林の関連キーワードレクレクリエーショナルビークルレクリエーションダイバーレクリエーションの森レクリエーション森林森林レクリエーション施設レクリエーション・コーディネーター東急レクリエーション全国スポーツレクリエーション祭レクリエーションクロッケー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然休養林の関連情報