コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然休養林(読み)シゼンキュウヨウリン

デジタル大辞泉の解説

しぜんきゅうよう‐りん〔シゼンキウヤウ‐〕【自然休養林】

森林のレクリエーション機能を発揮させるために設けられた施設。林野庁国有林の多目的利用のためにつくった。昭和43年(1968)発足

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんきゅうようりん【自然休養林】

林野庁が1968年(昭和43)以来国民の保健休養のために指定、開放している国有林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然休養林
しぜんきゅうようりん

林野庁が国有林野の多目的利用の観点から、1968年(昭和43)に発足させた、森林のレクリエーション機能を発揮させるための施設である。2002年(平成14)現在、全国91か所が指定されている。これら自然休養林の面積は、おのおの約500ヘクタールにわたり、地域内には車道、歩道、駐車場が完備している。宿泊施設としてはホテル、旅館、ロッジ、山小屋、避難小屋があるほか、キャンプ場、スキー場、園地、運動場、釣り場、展望台などの休養施設、植物園、林間学校などの教養施設、鳥獣保護施設もある。自然休養林内では森林保護の立場から、指定地以外でのたき火や炊さん、野営、植物や土石の採取は厳しく禁じられている。[沢 史生]
『国土交通省編『観光白書』各年版(財務省印刷局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然休養林の関連情報