コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鯉館卯雲 はくりかん ぼううん

美術人名辞典の解説

白鯉館卯雲

俳号二鐘亭半山、通称木室七右衛門「色黒くかしらの赤き我ならば」云々で狂歌も詠して広敷番頭に昇進す。天保3年(1783)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

世界大百科事典内の白鯉館卯雲の言及

【木室卯雲】より

…白鯉館卯雲ともいう。江戸中期の狂歌作者,噺本作者。…

※「白鯉館卯雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

白鯉館卯雲の関連キーワード俳諧寮蝙蝠木室卯雲

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android