百十銀行(読み)ひゃくじゅうぎんこう

防府市歴史用語集の解説

百十銀行

 百十銀行は、国立の銀行として設立されました。初代の頭取[とうどり]には、右田毛利[みぎたもうり]氏の当主であった毛利藤内[もうりとうない]が就任しました。 三田尻支店は1878年(明治11年)に営業を開始しました。1944年(昭和19年)に、華浦銀行[かほぎんこう]ほか4つの銀行と合併して、新たに山口銀行として発足し、現在にいたっています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百十銀行の関連情報