国立(読み)クニタチ

大辞林 第三版の解説

くにたち【国立】

東京都中西部にある市。国分寺駅と立川駅の間にある駅の名が町名になり、市名になった。文教都市・住宅都市として知られる。

こくりつ【国立】

国が経費を出して設立・経営していること。 「 -病院」 → 公立私立

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くにたち【国立】

東京都中部、武蔵野台地南西部の地名江戸時代、甲州街道沿いに集落が発達。大正末以降、駅を中心とした放射・直交道路に基づく学園・住宅都市として発展。一橋大学谷保天満宮などがある。市名は、JR中央線の国分寺・立川の両駅名の一文字めを採った「国立駅」による。昭和四二年(一九六七)市制。

こく‐りつ【国立】

〘名〙 国家が設立すること。国家が設立して、維持や管理をすること。国営。
※改正増補和英語林集成(1886)「Kokuritsu(コクリツ)ギンコウ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立の関連情報