毛利藤内(読み)もうり とうない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利藤内 もうり-とうない

1849-1885 幕末-明治時代の武士,銀行家。
嘉永(かえい)2年1月10日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)の一門家老右田(みぎた)毛利家をつぐ。第2次幕長戦争で石州口総督,慶応3年(1867)長州東上軍総督となる。戊辰(ぼしん)戦争では北越,会津(あいづ)でたたかった。明治3年フランスに留学し,のち第百十国立銀行頭取。明治18年5月23日死去。37歳。本姓は村上。名は親信。通称ははじめ内匠(たくみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android