コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百姓読み ヒャクショウヨミ

デジタル大辞泉の解説

ひゃくしょう‐よみ〔ヒヤクシヤウ‐〕【百姓読み】

漢字を(つくり)や(へん)の音から勝手に類推して我流に読むこと。また、その読み方。「絢爛(けんらん)」を「じゅんらん」、「懶惰(らんだ)」を「らいだ」と読む類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくしょうよみ【百姓読み】

漢字を偏や旁つくりの音にひかれるなどして誤って我流に読むこと。「洗滌せんでき」を「せんじょう」と読む類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の百姓読みの言及

【重箱読み】より

…重箱読みの型の例としては〈一(いち)羽(わ)〉〈碁(ご)石(いし)〉〈台(だい)所(どころ)〉〈毎(まい)年(とし)〉〈懐中(かいちゆう)物(もの)〉など,湯桶読みの型の例としては〈言(いい)分(ぶん)〉〈大(おお)勢(ぜい)〉〈敷(しき)金(きん)〉〈手(て)本(ほん)〉〈庭(にわ)下駄(げた)〉などがある。上の例のようにその読み方による語形が正しい語と認められているものが少なくないが,一方に誤った認識による通用しない語形の現れることがあるのは(たとえば〈遂(すい)行〉を〈ついこう〉,〈唯物(ゆいぶつ)論〉を〈ただものろん〉),主として日本における漢字の性質の複雑さによるもので,これは,別に〈百姓読み〉(〈獰(どう)猛〉を〈ねいもう〉,〈遵(じゆん)守〉を〈そんしゅ〉と読むようなものをも含めていう)ともいって,軽侮の対象になる。語構成の面からみると,漢語と和語との混種hybridismの一種で,外来語と固有語との交渉の間に起きる現象の一つとして説明できる。…

※「百姓読み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百姓読みの関連キーワード漢字

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android