コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百服茶 ひゃくふくちゃ

大辞林 第三版の解説

ひゃくふくちゃ【百服茶】

南北朝・室町時代に流行した闘茶。栂尾とがのお産の本茶とそれ以外の非茶とに分けて点てた茶を一〇〇服飲み、その本非を言い当てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百服茶の関連キーワード室町時代南北朝お産闘茶本茶

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android