コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十服茶 ジップクチャ

大辞林 第三版の解説

じっぷくちゃ【十服茶】

闘茶で十服を飲み比べること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十服茶の言及

【闘茶】より

…そのもとは中国の宋代の茶法に発しており,水質や茶の品種が争われたりしていた。日本に伝えられてからは,はじめ〈本非茶勝負〉と呼ばれていたが,のちには〈四種十服茶〉とか〈十種茶〉とか〈十服茶〉などと呼ばれるように,三種一客という4種類の茶で10服飲んで,それを飲み当てることを基本とするようになった。そのため群飲佚遊として《建武式目》で禁制されたり,〈二条河原落書〉で批判されたりしたが,ますます盛んになっていった。…

※「十服茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

十服茶の関連キーワード茶道(ちゃどう)貢茶闘茶