コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇朝経世文編 こうちょうけいせいぶんぺん Huang-chao jing-shi wen-bian; Huang-ch`ao ching-shih wên-pien

1件 の用語解説(皇朝経世文編の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇朝経世文編
こうちょうけいせいぶんぺん
Huang-chao jing-shi wen-bian; Huang-ch`ao ching-shih wên-pien

中国,清末の書物。賀長齢が時務経世論を事項別に整理したもの。 120巻。道光7 (1827) 年初刊。清初から道光3年まで 682名の文章 2239編を集め,学術,治体,吏政,戸政,礼政,兵政,刑政,工政の8門に大別されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇朝経世文編の関連キーワード海上花列伝魏源外書漢籍共著経世経世論時務時務策端本

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone