コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇朝経世文編 こうちょうけいせいぶんぺんHuang-chao jing-shi wen-bian; Huang-ch`ao ching-shih wên-pien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇朝経世文編
こうちょうけいせいぶんぺん
Huang-chao jing-shi wen-bian; Huang-ch`ao ching-shih wên-pien

中国,清末の書物。賀長齢が時務経世論を事項別に整理したもの。 120巻。道光7 (1827) 年初刊。清初から道光3年まで 682名の文章 2239編を集め,学術,治体,吏政,戸政,礼政,兵政,刑政,工政の8門に大別されている。洋務運動 (→洋務派 ) ,変法自彊運動の発展に応じて広く流布した。その後補編や続編として『皇朝経世文編補』『皇朝経世文編続集』などが出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

皇朝経世文編の関連キーワード魏源

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android