刑政(読み)けいせい

精選版 日本国語大辞典「刑政」の解説

けい‐せい【刑政】

〘名〙
① 罪人を処罰する法。刑法の適用。
※公議所日誌‐一二・明治二年(1869)五月「一歳の賞典刑政を書し官へ出し、死刑以上は朝裁を仰ぐべき事」 〔詩経大序〕
② 刑罰と善政。〔礼記‐楽記〕
③ 犯罪予防の一般方策を研究すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android