学術(読み)がくじゅつ

精選版 日本国語大辞典「学術」の解説

がく‐じゅつ【学術】

〘名〙 学問技芸。学問と芸術。また、学問。特に、学問の研究的側面についていう。
※続日本紀‐養老六年(722)二月戊戌「賜諸有学術者廿三人田各有数」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「学術に不審の箇条あれば時々ワットへ質問し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「学術」の解説

【学術】がくじゆつ

学問。〔唐書、杜暹伝〕の人と爲りや、學少なし。故にに當りて議論するに、時時淺に失す。

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android