学術(読み)がくじゅつ

精選版 日本国語大辞典 「学術」の意味・読み・例文・類語

がく‐じゅつ【学術】

〘名〙 学問技芸。学問と芸術。また、学問。特に、学問の研究側面についていう。
続日本紀‐養老六年(722)二月戊戌「賜諸有学術者廿三人田各有数」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「学術に不審の箇条あれば時々ワットへ質問し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「学術」の意味・読み・例文・類語

がく‐じゅつ【学術】

専門的な研究として行われる学問。原理応用技術を含めていう。「学術雑誌」
学問と芸術。
[類語]学問がく学芸学理科学サイエンス・学知

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「学術」の読み・字形・画数・意味

【学術】がくじゆつ

学問。〔唐書、杜暹伝〕其の人と爲りや、學少なし。故にに當りて議論するに、時時淺に失す。

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android